ホーム » 未分類 » リビング隣の部屋を和室にしたが、介護ベッドを入れるには畳は不向きでした

リビング隣の部屋を和室にしたが、介護ベッドを入れるには畳は不向きでした

購入の時に、リビングの横に1部屋あるのは今後、介護が必要になった時に使い勝手良いと選んだ間取りでした。

引っ越しまでに時間がなかく、和室の方が落ち着くからとフローリングに変更はしませんでした。

実際に介護ベッドを入れるようになった時、やはり畳だと不安定で、室内を歩くにも畳の方が滑りやすく、リビングのフローリングと畳の間にわずかな段差があり、躓きやすくなってしまいました。

なるべく段差をなくすためにも、フローリングにしておくべきだったと感じています。

部屋の使い方として介護を想定していましたが、引っ越しまでに時間がなく、その時点から和室の畳を洋室のフローリングに変更するためには日数が必要で、引っ越し期日に間に合わないことがわかり、どうにかなるだろうと諦めたのがいけなかったと思います。

もっとゆっくりと日程的なゆとりを持ったうえで、室内環境をカスタマイズすることができれば良かったと感じています。

住みはじめてからではどうにもならないようなことではなかったので、ベッドをいれる前に、住みはじめてからでもお願いをすれば良かったのですが、それも怠ってしまったので、時間があった時に先を考えてリホームとしてでもお願いをすれば、今、もっと暮らしやすいわが家になっていたのではないかと思います。

よく読まれてるサイト>>>>>旭川市 新築一戸建て