ホーム » 未分類 » 子供部屋を二人分つなげて広くしたが二部屋に分ければよかったです

子供部屋を二人分つなげて広くしたが二部屋に分ければよかったです

子供が男の子2人だったので、小さいうちは部屋で思い切り遊べるようにと二人分の部屋をつなげ、大きくなったら2つの部屋に分離しようと計画していました。

そのために部屋に扉は2つつけておいたのですが、分離するための壁については漠然とした考えしかなく、特にそのための準備は新築の際にはしていませんでした。

いざ、2部屋に分ける話が出た時にどういった方法でリフォームするのか決めかね、話が進みませんでした。

間仕切りになる壁を設置するには天井補強などかなり費用がかかると思われますし、簡易な間仕切りでは、お互いの部屋同士の音漏れなどが気になり、解決策にはならない気がして実現には至っていません。

結局その部屋はそのまま子供2人のうちの1人が使用していて、もう1人は別の部屋を使用している状態です。

部屋が広い分冷暖房も2部屋分なので、無駄な光熱費がかかってしまいます。

ただ、小さな頃は広い部屋で楽しそうに遊んでいましたし、友達もたくさん呼べるので喜んでいたことを考えると広くした意味はあると思います。

新築の段階で具体的なリフォーム案を想定した上で、事前にその為の対策をとっておけば、実際リフォームする際にも費用が抑えられてよかったと思います。

続きはこちら⇒千葉市中央区の注文住宅